AddType application/x-httpd-phpが使えない環境

[Sponsored Links]

.htmlという拡張子で、PHPを実行する方法として

AddType application/x-httpd-php .php .html

この内容を

  • apacheの設定ファイルに記載
  • .htaccessに記載

という以上2つの方法が一般的だ。

今回は、FTPでファイルをアップロードする権限のみをもち、サーバのroot権限も当然持ち合わせていないレンタルサーバーでのお話だ。具体的に言うとGMOのレンタルサーバーでのこと。

【共用サーバーSD】自分で用意した.htaccessファイルは使用できますか?
※.phpファイルを別の拡張子で動作させるためには、該当ファイルをcgiとして実行する記述を追記ください。

.htaccessは使えるのだが、

AddType application/x-httpd-php

このディレクティブの使用が禁止されていた。 えー、無理なパターンじゃん・・・・

と、遭遇したことのない環境に、戸惑いながら解決策を探す。

見つけました。というか方法は上の太字の部分だった!のね!!

お名前.com共用サーバーSDで拡張子.htmlをPHPとして実行する

内容としては、htmlをcgiとして実行するというもの。
ということでまとめると手順は以下の通り。

.htaccessの修正

.htaccessファイルに以下の内容を記載。htmlをcgiで動かす。

AddHandler cgi-script .html

htmlファイルの修正

htmlファイルの一番上に以下の内容を記載。PHPのcgi方式で動かす。

#! /usr/local/bin/php-cgi

パーミッション変更

htmlファイルのパーミッションを755に変更

以上でした。

共用レンタルサーバなどでは、PHPプログラムをCGI 方式での稼働に限定していることがあるようです。今回はそのパターンでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[Sponsored Links]