CentOS7にLaravel5.3のインストールとWelcomeページ表示

[Sponsored Links]

Vagrantを使った仮想環境にLaravel5.3をインストールしてみた。

前提環境:

  • CentOS7
  • PHP7.0.14
  • Apache2.4
  • Composerはインストールして、パスを通しておく。

Composerを使ってLaravelをインストール

ターミナルでComposerのcreate-projectコマンドを実行し、Laravelをインストールする

$ composer create-project --prefer-dist laravel/laravel blog
Installing laravel/laravel (v5.3.16)
- Installing laravel/laravel (v5.3.16) Downloading: 100%
Created project in blog
php -r "file_exists('.env') || copy('.env.example', '.env');"
Loading composer repositories with package information
Updating dependencies (including require-dev)
Package operations: 61 installs, 0 updates, 0 removals
- Installing vlucas/phpdotenv (v2.4.0) Downloading: 100%
- Installing symfony/polyfill-mbstring (v1.3.0) Loading from cache
- Installing symfony/var-dumper (v3.1.9) Downloading: 100%
- Installing symfony/translation (v3.1.9) Downloading: 100%
- Installing symfony/routing (v3.1.9) Downloading: 100%
- Installing symfony/process (v3.1.9) Downloading: 100%
- Installing psr/log (1.0.2) Loading from cache
- Installing symfony/debug (v3.1.9) Downloading: 100%
...
...
...
Writing lock file
Generating autoload files
> Illuminate\Foundation\ComposerScripts::postUpdate
> php artisan optimize
Generating optimized class loader
The compiled class file has been removed.
> php artisan key:generate
Application key [base64:IBSXbiO4a2DAbQJPVsGgEH3sRle1VW0aAiBFCTt3Xow=] set successfully.

パーミッション設定

「bootstrap/cache」「storage/以下」のディレクトリに書き込み許可

Webサーバ設定

Apacheにドキュメントルートの設定をして、URLでアクセスできるようにする。
設定後アクセスしてみると、エラーが出ている。

RuntimeException in Encrypter.php line 43:
The only supported ciphers are AES-128-CBC and AES-256-CBC with the correct key lengths.

エラーの解消

app/config.php修正

cipherの値を修正

'cipher' => 'AES-256-CBC',

'cipher' => 'AES-128-CBC',

に修正。

keyの値を修正

'key' => env('base64:gJnEgUkMaVmH4zzr12vH2Q=='),

'key' => env('APP_KEY', $_ENV['APP_KEY']),

に修正。

.envの確認

以下2点確認する。

①.envファイルが存在していること

.envファイルが無ければ

$ cp .env.xample .evn

.envファイルを作成する

②APP_KEYが設定されていること

.envファイルの「APP_KEY」

APP_KEY=base64:gJnEgUkMaVmH4zzr12vH2Q==

このようなカタチになっていること。
なっていなければ、

config:clear

$ php artisan config:clear
Configuration cache cleared!

key:generate

$ php artisan key:generate
Application key [base64:gJnEgUkMaVmH4zzr12vH2Q==] set successfully.

でKEYを設定してあげると良い。

まとめると

  • パーミッション設定
  • app/config.php修正
  • .envの確認

を最初に行っておけばOK

Welcomeページ表示

無事に表示される

Alt text

参考:
Laravel 5.3 インストール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[Sponsored Links]

コメント

  1. […] またgitリポジトリからlaravelプロジェクトをクローンしてきたときはこちらとこちらのページが役立ちそう […]