windows7でLaravel Homesteadを使い、Laravel+PHP7開発環境をセットアップ

[Sponsored Links]

introduction

Laravelで開発環境のセットアップが必要になった。

マシンは今回windows7で、Laravel Homesteadを使い、ローカル環境の設定を行ってみることにした。現時点でLaravel最新バージョンは5.2Laravel Homesteadを使うとPHP7もインストールされる。

VirtualBox+Vagrant+Laravel Homesteadでさっそくやってみる。

最初の準備

インストールされるもの

  • Ubuntu 14.04
  • Git
  • PHP 7.0
  • HHVM
  • Nginx
  • MySQL
  • Sqlite3
  • Postgres
  • Composer
  • Node (With PM2, Bower, Grunt, and Gulp)
  • Redis
  • Memcached
  • Beanstalkd

Homesteadを使えば簡単に、ナウい環境がセットアップできる。

前提条件

  1. VirtualBox5.x系(またはVMWare)がインストールされていること
    ⇒今回はVirtualBox5.x系とする
  2. Vagrantがインストールされていること
  3. コマンド操作はgit bashを用いて行うのでgit bashがインストールされていること

Homestead Vagrant Boxをインストールする

1.$ vagrant box add laravel/homestead
1.==> box: Loading metadata for box 'laravel/homestead'
2. box: URL: https://atlas.hashicorp.com/laravel/homestead
3.This box can work with multiple providers! The providers that it
4.can work with are listed below. Please review the list and choose
5.the provider you will be working with.
6.
7.1) virtualbox
8.2) vmware_desktop
9.
10.Enter your choice: 1
11.==> box: Adding box 'laravel/homestead' (v0.4.0) for provider: virtualbox
12. box: Downloading: https://atlas.hashicorp.com/laravel/boxes/homestead/versions/0.4.0/providers/virtualbox.box
13. box: Progress: 100% (Rate: 1072k/s, Estimated time remaining: --:--:--)
14.==> box: Successfully added box 'laravel/homestead' (v0.4.0) for 'virtualbox'!

vagrantのBoxとして追加された。確認してみよう。

1.$ vagrant box list
2.centos6.5 (virtualbox, 0)
3.laravel/homestead (virtualbox, 0.4.0)

Homestead をインストールする

Homesteadをgitでもってくる。場所は任意だが、今回は~/work/(=C:\Users\ユーザ名\work)とする。

1.$ cd ~/work
2.$ git clone https://github.com/laravel/homestead.git Homestead

clone完了後、Homestead.yaml設定ファイル生成のコマンドを実行する。

1.$ cd Homestead
2.$ bash init.sh
3.Homestead initialized!

Configuring Homestead

Homesteadの設定

今回はVirtualBox5.x系を環境構築で使用しているので、その情報を設定する。
作成された~/.homestead/Homestead.yaml(=C:\Users\ユーザ名\.homestead\Homestead.yaml)の内容は以下のように。

仮想環境の設定

1.provider: virtualbox

同期フォルダ
今回はデフォルトのままにしてみる。

1.folders:
2. - map: ~/Code
3. to: /home/vagrant/Code

~/Code(=C:\Users\ユーザ名\Code)は新規作成する。

Hostsファイルの設定
C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts

1.192.168.10.10  homestead.app

vagrantの起動

vagrant up

1.$ vagrant up

vagrant ssh

Ubuntuですね。

1.$ vagrant ssh
2.Welcome to Ubuntu 14.04.3 LTS (GNU/Linux 3.19.0-25-generic x86_64)
3.
4. * Documentation: https://help.ubuntu.com/
5.Last login: Thu Jan 14 00:57:48 2016 from 10.0.2.2
6.vagrant@homestead:~$

ログインしたらさっそくphpinfo()でページを表示させる。
以下、ログインしての作業。

ドキュメントルートの作成

1.vagrant@homestead:~$ sudo mkdir -p Code/Laravel/public

index.phpの作成

1.vagrant@homestead:~$ cd ~/Code/Laravel/public
2.vagrant@homestead:~$ sudo vim index.php

内容は以下のようにする。
index.php

1.<?php
2.echo phpinfo();
3.?>

動作確認

http://homestead.app/
にアクセスする。

phpinfo_ubuntu

PHP7がインストールされている。

まとめ

簡単に設定できたので、次回はプロジェクトをさっそく作って
Laravelを動かしていきたい。具体的にWebサービスを何かつくっていこう。

参考サイト

Laravel Homestead

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[Sponsored Links]

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です